僕は縫製現場の工賃がいくらの価値になってるかな?AKFの新しい水着をアップしてます。 | 水着メーカー仕入れOEM専門工場卸問屋の最新情報

僕は縫製現場の工賃がいくらの価値になってるかな?AKFの新しい水着をアップしてます。

4月5日、中国は『清明節』という祝日です。 4/5~4/7は大体の中国の会社はお休みなんですね。

AKFは水着の繁忙期で生産などに追われていて休みがないんです。

AKFの新しい水着をアップしてます。

仕事をしながら、4年ほど前のことを思い出しました

私は水着縫製工場の現場に入って丸一日仕事をしてきました。
現場の仕事はとても厳しいですね。
繰り返し、4年前の現場のお話を少しさせていただきますね。
私が現場に入った その日、工場長は3人のスタッフを首にしました。
私はこんなに忙しいのに「なぜ首にするのか」工場長に聞きました。
返事は「この3人は仕事が下手だから、首しないとほかの人に邪魔するから」という理由でした。
3人は工場に入ってきて、まだ3日目でした。
3日間で120元しかお給料を上げてなかったんです。1日だと40元です。
そんなに安くても 40元の価値もないだと 工場長が言いました。
普通の中国の縫製工場は 1日で100元ですよ。
速度、効率 縫製の現場はみんな大変です。
そんななかで品質も徹底されているのは厳しい工場長のお陰です。
そして 私は最後に工場長に聞きました。
「私は今日一日 現場での仕事の価値はいくらですか?」
 「30元」だと言われました。
私は首にされたスタッフより価値が低かったのです。
私は家に帰って、家族と話しまして。
工場長は本当は今日は 4人を首にしたかったんじゃないか?
もう一人は 私だ・・・
現場に入って大変さを実感しました。みんな頑張ってもらって本当に助かります。
今日は清明節休みなのに、休みがなしで、明日は土曜日なのに仕事です。
皆 良く頑張っていただいて本当に助かります。

どころで今の縫製現場は一日で150元が安いほうですね

いまの僕は現場でいくらの価値になってるかな?

とても気になって今度調整してみます。

    詳しくは下記URLにお問い合わせくださいませ
    http://akfjapan.com/index.html#inq