AKFは水着工場で、日本での小売りは一切いたしません!OEMとODMと企画、水着の卸だけをやっています。 | 水着メーカー仕入れOEM専門工場卸問屋の最新情報

AKFは水着工場で、日本での小売りは一切いたしません!OEMとODMと企画、水着の卸だけをやっています。

AKFは中国の水着工場で、日本での小売りは一切いたしません!
水着のOEMとODMと、自社企画デザイン水着の卸だけをやっています。
自分たちでデザインをおこして、自社で生地プリントして自社工場で丁寧に生産する。
AKFの商品力をあなたのお客さんにしっかり伝えていただいて、
あなたにもっと儲けていただきたいです。
AKFの皆さんの本音です
お客さんのOEMデザインは、お客さんの利益を守るため に大切に扱います。
お客さんがご注文されたOEM商品と同じデザインで自社販売することは決してございません。
また他社にお客様のデザインをお見せすることも絶対にございません。
ご注文くださったお客さん以外には、一切つくりません。
当たり前のこと。
ですが、この世界ではいろいろなことを言う人がいるんですね。
なぜAKFがここまで成長できたのか?
それは・・・
当たり前のことをしっかり守り、お客さんから信頼されてきたからなんです。
これからもていねいに誠実に水着をつくっていきます!
AKFの水着のデザインはすべて自社デザインを起こして作ってます。
すべてのデザインは一からAKFの素晴らしいデザイナー さんが書いてます。
たくさんの情報を集めて、AKFならではのデザインを起こします。
一切の妥協はないんですね。

モデル画像は自社で撮影します
水着着用モデルの撮影はコストがとてもかかります。
まず水着着用のモデルさんを手配するために、アパレル以上のギャラを払わないといけないんです。
さらに細かい契約があります。
AKFは小売りではないので、卸で使える画像を撮る契約をいないとダメなんです。
さらにコストがかかるんですね。
AKFはお客さんに喜んでいただけるように、
モデル着用写真を撮る際、海外ロケを組むこともあります。
すべてはお客さんのために。

私たちは水着のプロ集団です。品質に自信を持っています。
お客さんのOEMデザインはしっかり守ります

品質の良い水着をできるだけリーズナブルな価格でご提供できるよう、
がんばっていますので、よろしくお願いします。
これからもがんばります!
ご不明は点は、遠慮なくお問い合わせくださいね。

http://www.akfjapan.com/

生産能力は年間約100万枚を超える規模を誇ります。
お客様の望む高品質の商品を迅速にお届けできるように生地管理、

縫製管理、進捗状況管理品質管理など全てを統合して生産管理を行っております。

オーダーから出荷まで全ての行程を各専門スタッフが管理し、

全員が状況を把握出来る様に生産管理しております。
工場の掲示板には生地入荷から縫製仕掛りなど進捗を確認する一覧表が貼ってあり、
1品番づつ今どこでどの行程が行われているかを一目でわかるようになっています。
縫製終了予定日にどの品番が上がり、

またはどの品番が予定より遅れてしまっているのかが分かりますので、
予定通りに上がっていない班は残業して予定に間に合わせる事が可能になっています。

    詳しくは下記URLにお問い合わせくださいませ
    http://akfjapan.com/index.html#inq